危機管理意識欠乏の日本

2021(令和3)年10月19日 火曜日

危機管理意識欠乏の日本

最近のニュースに、こんなのがありましたね。
JR変電所の火災事故による首都圏JRの運行停止、和歌山の水道橋崩落のよる水道の停止、銀行のシステム停止、日本年金機構の通知ミス、どれもそうですが、勘弁してくれですよね。
企業経営者は決まって「二度と事故のないようにつとめて参ります」、
本当にそう思っているのだろうか、とても心から反省しているとは思えない。
私の知っているある経営者は、

★★★ 「セキュリティなんてもんは、カネが掛かるだけで利益にならん、」

って言ってたな。日本の経営者は、この程度の認識なのかと愕然としたものだ。
テロリストがいたとすれば、上記の事故は大変いい情報だ、「ははぁ~ん、この変電所を叩けば東京の交通はマヒするのか」「この水道橋を止めれば日常生活できなくなるのか」とバレてしまったこと。企業も行政も現状の回復だけで、とても危機管理という視点では見ていないのだ。また起きるよ、こんな事故はね。
そのためにも、自己防衛だね。防災意識を含めてです。

"危機管理意識欠乏の日本" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント