20210223午後


2021(令和3)年02月23日 水曜日

天気:晴れ
 東京 日出 06:19 日入 17:30

桜町病院   2021.01.12~25 入院 14日間
杏林大学病院202021.01.25~  入院 30日目

今日の予定:
・祝日です。何もないのです。

・そういえば、入院費の支払いを忘れていた

・レンタルwi-fi 現在43.49GB/50.0GB と危険です。
 でもあと6日なので、なんとか、いけると思う。
 レンタルwi-fiは、4月7日までの契約だが、ネットで延長も可能だから問題なし。

・首シャントが取れて、あとは転院を待つばかりだな。言っておくが、ケアマネからは一切の報告/連絡/相談がありません。何がどう話が行ってるのか不明です。
私に転院の予定を尋ねてくる人もいるが、こっちこそ聞きたいくらいです。

用語:
・シャント
 昨日まで、シャントの定義を勘違いしてました。
 シャントとは、静脈と動脈をつなぎ合わせる血管手術のこと。が正しい。
 やけ君は、透析器へ血液を流すための血液取り出し口+戻し口の器具のことだと思っていました。だから、これまで「首シャント」と言っててきましたが、正確には首シャントではありません。非シャント法による管の挿入口でした。

非シャント法について

1.動脈直接穿刺法 … 上腕動脈や大腿動脈などに直接、針を刺す、緊急時の方法です。
2.動脈表在化法 … 動脈は血の流れが豊富でシャントとして適していますが、繰り返し針を刺す事により血管障害を招き、又深部を走行する為、針を差すのが困難であるという難点があります。その為、針を刺しやすいように手術的に皮膚の直下へ移動させる方法です

3.カテーテルの静脈内留置法 … 特別に作成された*カテーテル(管)を鎖骨下静脈、内頚静脈または大腿静脈へ留置する方法で、緊急時やシャントトラブルの際、行われます
*透析で良く使用されるのはのダブルルーメンカテーテルです。血液を取り込むルート(赤)と血液を体に戻すルート(青)が一本になっています。

やけ君は、3ですね、これが右首だったんだな。

なお、現在、右上腕には血液取り出しのためのカテーテルはありませんので、
次の透析時にも注射でカテーテル挿入でしょうね。毎回、注射されていたら血管がボロボロになってしまうやんけ!管こそないものの右腕は絆創膏だらけ。見慣れていない人だと痛々しく気持ち悪くなると思う。





"20210223午後" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント