20200626朝


2020年(令和2年)06月26日 金曜日

・入院 2020.05.07 ~ 51日目

来週の7/3金曜日には退院(予定)だな。あと1週間。
なんとか、ふんばります。
入院時のブログを読むと、元気だよな~、この先を知らんから。
このころに、2か月の入院だとわかっていたら、ウンザリだったでしょう。
でも、終わりが見える現在、入院を楽しんでいこうと思うほどです。

天気:くもり
東京 (日出 4:27  日入 19:01 )

朝食
20200626asa.JPG
20200626a-1.JPG
20200626a-2.JPG
20200626a-3.JPG
20200626a-4.JPG

6/26の予定
・09:15 リハビリ OT 休み
午前中は、ネタ作りに励みます。「あつ森」は、ちょっと飽きてきた。
入院してから、毎日の巡回サイトがどんどん増えてしまって、2時間はかかってしまう事態になっている。コスメ関連サイトもあるが、何で?と思うよね。化粧品のプレゼントコーナーが目的でね、当選したらあげる人が決まっているものだから頑張ってますねん。ご意見やコメントが書けるプレゼント応募なら当選させる自信はあるんだが応募だけでは、当たりませんね。TVやラジオ局のプレゼント応募は得意です、コツがあるんだよね。
名前も架空になるけど自分でも忘れないように男女どちらとでも使える名前で、例えば「則子」は男性なら「ただし」女性なら「のりこ」がペンネーム、「ますみ」「歩」もあるよ。本名で応募と言うのは少ないです。宅配のおっちゃんが、この名前でいいの、って聞くことがあるのが、ちょっとね。
・13:30 リハビリ PT

アイデア投稿、毎日、3件です。
私は、「やけ8」。
現在ポイント、416,288(6/26)/405,728(6/25)点。
https://idea.muji.net/

今日は、ボーッとしてて登録数が4つになっていた。
アイデアサイトでの閲覧の楽しみを残しておきたいので、投稿アイデアの一部を解説しておきます。
・ラッピング
 これはですね、退院後すぐの7月に誕生日を迎えると~ってもかわいい女性にプレゼントしようと考えているときにヒラメイたんですよ。マジっす。そういえば、逃げられた三重の妻も7月22日が誕生日だったね。
・ハエ取り
 これはですね、TVみてたら、今、スケベ虫(俗称です)が大繁殖して大変らしいです。ここで、ヒラメイたものです。
・綿棒
 耳かきしたくて、耳かき道具でいいのがないかなぁ~と探しているときに、綿棒でヒラメイた。
・カップラーメン
 やっぱり入院してると、腹が減るものでして・・・、ついついU中部で、インスタントラーメンをもっとおいしく食べる方法を見ててヒラメイた。

以上、どれも、ヒラメキです。


-----------------
 腰掛ける/座る
-----------------

 「座る」と「こしかける」は現代日本語には使い分けがありますか。日本語ネイティブの皆様は日常で、どんな時に「座る」を使うのか、どんな時に「こしかける」を使うのか、やはり自分の中でまず選んで使ってらっしゃるでしょうか。「座る」は和室の場合で多用だと外国人が書いた日本語の参考書に書いてありますが、実際のところ、どうなるでしょうか。それから「こしかける」は「座る」より硬い表現でしょうか。

座るは和室などで畳、座布団に座る場合に、洋室で椅子に座る、両方に使いますね。
腰掛けるは洋室で椅子などに座る場合だけです。

人にすすめる場合はたとえば、座布団を出して、お座りくださいといいます。
椅子の場合、お座りください、またはお掛け下さいです。

★★★ 椅子のことを腰掛といいます。

 坐(すわ)る…「土と向かい合った人からなり、土はとどまるところを示し、人が場所にひざを折ってとまることを意味する」(角川書店「漢和中辞典」)
 座(すわ)る…「もと、坐は動詞(すわる)を、座をすわる所と使い分けた。坐の書きかえ字」」(同上)
 掛(か)ける…「からだや物の端の部分を他の物の上にのせたり、側面に持たせたりする」(小学館「国語大辞典」)

 「坐る」のは、ひざを曲げ足を重ねて重心を下げ、地に着いた姿勢を保つ、そんな正坐や端坐を代表とする動作です。
 「掛ける」は、更に補助的な相手や対象に対しての相対する動作となります。椅子に腰掛けたり、相手の肩に手を乗せ掛けたり、肘を脇息に持たせ掛けたり、背当てに背中をもたせ掛けたり、など。
 そこで、坐る動作を補助したり応用させる場所としての座(くら/せき)としての言葉が、例えば座布団・座席・座敷などのほかに、動詞としても使われるようになり、その結果「座る」という動詞として、自体的な「坐る」と相対的な「掛ける」の両方の意味を含むようにもなってしまったのではないでしょうか。

いまの日本では,「腰掛ける」の意味で「座る」を使うことが多くなっていますが,本来の意味を知っている人に,「椅子に座ってください」というと,椅子の上に上がって正座したりする場合もありそうです。

「腰掛ける」は椅子など(石段や手すり,路傍の石など)に尻を下ろすことですが,「座る」と言っても通じます。
逆に座敷(日本間)で「腰掛ける」といったら,ちゃぶだいに腰掛けるか窓に腰掛けることかと,いぶかられるでしょう。

・「腰掛ける」ことを「座る」といってもよい(通じる)が,「座る」ことを「腰掛ける」とはいわない



"20200626朝" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント