キスの上手、ヘタの基準は?2


2019年(令和元年)09月16日 月曜日

キスの上手、ヘタの基準は? 2

キスの上手、ヘタの基準は? 第1弾 前編
キスの上手、ヘタの基準は? 第2弾 後編

今回は、「キスの上手、ヘタの基準は? 第2弾 後編」です。


下記は、キスの注意点です。

●7.口臭

 キスをする時、口元を近づけるので口臭があれば当然匂ってきます。口臭がするとキスをしようと思っていた感情が一瞬にして冷めます。
口臭はその日の直前ケアも勿論大切ですが日常からのケアがとても大切です。口臭を予防する為にも普段から口内のケアを心がけるようにしましょう。

●8.雰囲気

 キスの良し悪しは雰囲気がモノを言います。例え技術がなくても雰囲気で丸め込むことも十分可能です。自然な雰囲気でキスに持って行けるように「流れ」を作ることが大切なポイントです。

●9.唇

 あなたの唇が触れたとき、その感触がガサガサだったらガッカリ。キスの快感もあっと言う間に急降下してしまいます。キスはどの瞬間でするか分かりません。そのタイミングは突然くるもの。なので、いつどこでキスをしても大丈夫なように普段から唇のお手入れをしておきましょう。
オススメするお手入れはリップクリームとリップスクラブです。リップクリームは薬局などで男性用のものが販売されています。リップスクラブは自宅ではちみつ:砂糖=1:1を混ぜ合わせて簡単に作ることができます。唇にのせて1分ほどくるくると優しく撫でて砂糖のつぶつぶが無くなれば完了。唇がつるっとなります。

●10.目をじっと見つめる

 やっぱり最初のキスは男性が主導権を握ってリードしてほしいものです。男性から女性の目をじっと見つめるという行為は、男性が女性をコントロールしようとしている意思表示になります。男性からじっと見つめられた女性は男性にロックオンされた状態です。もう逃げられないぞ、という感じで女性の目をじっと見つめてください。あなたから目をじっと見つめる、これがその場の雰囲気をキスするモードに変えるテクニックです。女性はきっとドキッとするでしょう。

●11.ちょっと焦す

 じっと女性の目を見つめたら、一度そらしてみましょう。今からキスされるんだなって思っていたのに一度目をそらされることで女性を焦らすことができます。焦らせば、更にそのあとのキスへの期待が高められます。男性が目線の主導権を握って女性の感情を上手く揺さぶる余裕を持っておくことが大切です。その余裕に女性はドキドキさせられるでしょう。

●12.顔を近づける

 そしてまた女性の目を見て女性との顔の距離を縮めてください。あなたからの視線で女性は「これからキスされる」という雰囲気に飲まれているので、心の準備はばっちりです。ゆっくり顔を近づけて唇を重ねればロマンチックなキスの出来上がり?女性もうっとりするに違いありません。

●13.キスしていい?って聞かない

× 女性と二人きりになった。さぁキスできるぞ!ということで「キスしていい?」と聞いてくる男性って、意外と多いのです。でもこれは女性からすると絶対に聞かれたくない台詞。そんなふうに聞かれて「うん」と言って、じゃあ今からキスしようって構えてするキスなんてムードも何もあったもんじゃありません。それにキスするかどうかを女性に決めさせるなんて、自信なさげでとってもかっこ悪く見えます。
大事なのは自然にキスに流れるロマンチックな雰囲気を作ることです。

●14.緊張感

慣れ切った恋人や夫婦のキスをみてください。義理というか、事務的というか、緊張感ゼロです。キスしたいなぁ、キスされるんだわ、という緊張感が絶対必要なのです。
ダレきった関係の2人には、キスなんて無意味なのです。



〇 やけ君私見「ある女性に聞いたら「壁ドンでキス」も悪くないそうだ。」


7以降は、第2弾に つ・づ・く


"キスの上手、ヘタの基準は?2 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント