転職面接のポイント

2021(令和3)年10月01日 金曜日

転職面接のポイント

人事課の評価ポイントについて、なるほどと思う情報があった。
やけ君自身も現役時代、数人の面接を行ったので思い出した。
この先を読む前に、あなたなりに、面接では何をどこを見ているのか、考えてください。
清潔感? 業務実績? 年齢? やる気? 健康状態?
まぁ、年齢じゃないよね、年齢なら書類の段階で落とされるからね。
面接にたどり着いたと言うことは、一応の条件に適応したということでもある。
さて、イザ面接で、何を、どこをチェックされるのかです。

結論から言ってしまうと「できる程度」と「定着してくれるか」です。

1.採用した場合、どれくらい仕事ができるか、である。
職務経験、業務実績という人も居るでしょう、欲しいのは、戦力であって人ではないからね。わかりやすく言えば「使えるかどうか」なのです。

2.定着してくれるか、である。
会社にとって、すぐ辞めやれては費用だけが発生するのです。
長期にわたって働いてくれるほど会社にとってメリットなんですね。窓際族になることは会社側人事部だって、事前にわかるはずもないよ。
ころころと転職しているのが不利なのは、こういうことなんですね。

例外採用基準
外部に漏れることのない裏採用基準も会社によっては存在します。
やけ君の経験で言うと、某超大手商社のS友商事の女性の採用基準は、なんと「男性社員の妻に相応しいかどうか」なんです。どうりで社内結婚の多いことか。
ダメな事例
・いれずみがある
・喫煙する
・茶髪
・ブランドもの指向
・落ち着いた雰囲気がない
・実家住まいでない
・自己主張が強い

転職面接というテーマから、逸れてきたので、この辺で。
面接で落ちるのは、人間失格ではないのですよ、たまたま人事の意向に添えなかっただけのことです。悩む必要は無いよ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント