ネット時代だからこそ、手紙の威力

2021(令和3)年09月13日 月曜日

ネット時代だからこそ、手紙の威力

これほどにまでネット社会になってしまうと、携帯やパソコンのコンピュータばかり使ってしまって手紙を書く機会がありません。
普段からメールやlineですし、ビジネスでもキーボードで書いてるのが実情です。
だからこそ心に直接訴えるのが、アナログの基本伝達手段である「手紙」です。
手紙と言ってもですね、ラブレターだけじゃないんですよ、ビジネスも同じです。
自営業など顧客の一本釣りには極めて有効です。
では、手紙の効果についてみていきましょう

1.言葉では言えないような気持ちをストレートに表現できます
2.本音が伝わりやすい
3.内容に重みがある
4.記録として残すことができる
5.もらった手紙は何度でも読み返すことができる
6.思った以上に相手の好感情を刺激します
7.手紙は愛情そのもの
8.携帯などの電子対話に飽きてしまっているので新鮮である
9.手紙という特別感がある
10.ラブレターの場合は、後に思い出の証拠になる

手紙なんか、恥ずかしくて書けないという人も多いでしょう、では日頃のお礼を書いてはどうでしょうか。例えばこんな感じで「営業から帰社したとき、いつも冷たい麦茶を出してくれる気配りが嬉しい。」で十分です。+高級チョコを添えれば最高ですよ。もちろん下心がないのが必須条件ですけど。

夫婦や恋人の関係が今ひとつという方は、より親密になりますから、恥ずかしがらずに
手紙を書いてみませんか、きっと深い愛情が感じられますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

903
2021年09月13日 01:13
手紙書くのはいいんだけど字が汚いから恥ずかしい