嫌われたくない、と思わないのが良い

2021(令和3)年08月23日 月曜日

嫌われたくない、と思わないのが良い

特に好きな人が居ると、好き故に嫌われたくないというのは、自然な心理状態です。
嫌われたくないと思うほど、素の自分から離れてしまいます。

嫌われたくない、とは、好かれたい、という意味です。

嫌われたくないと思っている人は、自分の存在を主張して好意的に見られたいと思う傾向であります。

一人ぼっちという孤独感が怖い、寂しがり屋という人は、嫌われたくない心理が強く出ます。ですから集団を好みます。

過去に嫌われた経験がトラウマになっている場合も、嫌われたくないという心理状態に陥ります。

ネットで調べると、本当に多くのサイトで解説されていますが、嫌われないようにするためには、という解説ばかりです。
そうではなくて、人には相性というのがあるため、どう頑張っても嫌われる場合もあるんです。つまり、嫌われないようにするんじゃなくて、嫌われてもいい、ということが言いたいのです。

普段、人から好意を抱かれている人もいれば、毛嫌いされている人も居るものです。
万人に好まれようとする必要は全くありません。ですから、タイトルの回答になりますが、「嫌われたくない、と思わないのが良い」ということです。

嫌われたっていいじゃないですか、無理して付き合ったところで、いつかは破局するだけですから。

冒頭でも言いましたが、好きゆえに嫌われたくないという心理は、素の自分からかけ離れていくものですから、いつかはメッキがはがれるのです。それを考えると、はじめから素の自分でいるのがベストですよね、

特に女性は、すっぴんで好きな人とは会えないという人は多いものですが、いつかは、すっぴんを公開することになります。嫌われたくないという恐怖から解放されるためには、最初から気合いを入れないことです。それでも好意のある人からは好かれるものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント