20201125朝の日報


2020(令和2)年11月25日  水曜日

天気:くもり
 東京 (日出 6:26 日入 16:29)

ニュースから

国連人権理事会の「恣意(しい)的拘禁に関する作業部会」は23日までに、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の日本での勾留について、「4度にわたる逮捕と勾留は根本的に不当だ」などとする意見書を公表した。「適切な救済策」として、日本政府はゴーン氏に賠償すべきだとしている。

ご存じの方もいとは思うが、国連における日本の立場から見れば、こうなるんです。
国連において日本は、敗戦国=敵国なんですよ。敗戦国の司法なんてデタラメだ、認めない、これが国連の常識です。なぜ、いつまでも敵国なのか、それは戦勝国の考えが優先されるべきだという思考があるから。敵国として位置付けて、戦勝国の言いなりにさせるため。国連は、公平、中立の国際機関ではありません。

国連はなぜゴーンの主張をそのまま受け入れたのか?
ゴーンの逃亡先は、レバノンです。レバノンとアメリカは、政治的に、軍事的に、非常に接近していますので、その辺の事情もあって、ゴーン、レバノン、アメリカ、国連、日本=敵国という流れになって日本たたき、という構図が見えてきます。

国際政治、外交は陰謀、策略の世界ですからね。世界のニュースは、言葉だけで考えるわけにはいかないんです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント