20201014朝の日報


2020(令和2)年10月14日 水曜日

天気:くもり
 東京 (日出 5:46 日入 17:07)


U中部では、うさんくさいニュースを流しているものですが、ついつい納得しちゃった、こんな動画があった。反捕鯨で日本だけがたたかれた理由というもの。
この動画の言ってることをまとめますが、真偽については、読者の判断にゆだねます。

結論をいうと、反捕鯨国自身が生産する牛、羊、穀物の輸出先としてのメインターゲットが日本だったのです。
そもそもは、食料自給率の問題でした。日本は35%、反捕鯨国は100%以上、この事実から、反捕鯨国で生産される牛、羊、穀物が大量に余っていて、この売り先として、食料自給率の低い日本が狙われたのです。その日本では、戦後は特に捕鯨によって食料確保していたので、これをたたけば、牛、羊、穀物の輸出先が確保できると戦略を変更したのです。クジラがかわいそう、南極海は自分の庭という感覚なので、うろちょろされたくないのです。日本だって中国が日本の近くで魚を取っているとムカつきますよね、そういうことなんです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント