うまくいかない時の思考


2020年(令和2年)09月04日 金曜日


今日のメインディッシュです。

物事がうまくいかなかった場合、失敗した場合などの思考について


人と言うのは、物事が思うように行かないこと、失敗してしまうことはあるものです。
この時、「なんで?」という思考は辞めて「なにが、どこが問題だったのか」に思考を切り替えることが重要なのです。

特にビジネスにおいては、成功事例よりも失敗事例の方が勉強になります。
コンサルタントという仕事は、その典型ですよね。彼らは多くの成功事例が評価されますが、同時に多くの失敗事例を経験しているから、成功への道筋がわかるのです。

人は、何かしらのストレス=悩み/トラブルを抱えているものです。この時に「なんで?」ではなく「なにが、どこが問題なのか」という思考に切り替えましょう。

「なんで?」という思考は、いつまで経っても最終結論が得られず時間だけを浪費するんです。
この無駄な時間を浪費するくらいなら、原因追及のために時間を活用すべきです。

ビジネスで、商品が売れない、客が来ない。
「なんで?」と、いくら考えても明確な答えは得られません。この時「何が、どこに原因があるのか」と考えるべきなんです。

恋愛でも、告白したのに返事がない。「なんで?」ではなく「どうしてか?」という思考に切り替えれば、対策につながります。

「なんで?」と、「どうして?」の違い

・「なんで?」 自分中心の思考。

・「どうして?」 相手視線の思考。

「恋人ができないんだけど・・・」のように、相手がいない場合でも、「なぜ」ではなく「どうして」という視点で考えてみましょう。

今回のテーマについて、なるほどと思った方は、チャンネル登録と高評価をお願いします。あっ!「いいね」ボタンしかないね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

903
2020年09月04日 15:24
なんで?なぜ?に変わってるね。
何故?は、なにが?に近い気がするけど
それと・・・
ここには「いいね」ボタンが無いよ。