人の見極め方4


2020年(令和2年)07月23日 木曜日

人の見極め方4

1.体格

体格に関してはいろいろな説があるが、もっとも有名な分析法は「クレッチマーの類型論」です。これには、

肥満型(全体的に肉付きがよく、肌にも張りがある)
 →善良で社交家、ただし多くの場合「躁期」「鬱期」のような感情の起伏がある。

細身型(体が痩せており、顔は逆三角形)
 →用心深く、神経質、芸術的、傷つきやすい面と、気が利かない面をもつ。

闘士型(筋肉質でがっちりしている)
 →几帳面で義理堅く粘り強い。他人に対しても厳格。

とされている。


2.地位

考え方や行動の仕方は、その人の社会的地位によっても変わってくる。

沢山の部下を抱えている人と、他人に命令した経験のない人とでは、人に接する態度が違ってくるものこれは、上司の気持ちが理解できるか、部下の気持ちがわかるか、という面もあるし、立場からくる判断基準の違いもある。


3.学歴

高卒でコツコツやってきた人と、有名大学を出た人とでは、やはり物の見方が違うことが多い。文系・理系でも、かなりの違いがある。まわりの友人知人を参考に考えてみればよい。


まだまだ、この「人の見極め方」シリーズは、続くよ。鋭意執筆中。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント