男女の恋愛脳


2020年(令和2年)07月15日 水曜日

--------------------------
 男女の恋愛脳の違い
--------------------------

どういうわけか、このブログって、恋愛系へのアクセスが多いんですよ。ならばと、
男女の恋愛脳の働きについて、探ってみることにした。

例え仲の良い夫婦であってもケンカはします。
男性に聞きたい、女性から「なんで?なんでわからないの?」と言われたことあるでしょ?
男性がいくら説明しても、返ってくるのは「何にもわかってない!」ですよね。
なぜ、そうなるのか、男女脳の違いを見ていきましょう。
何事もそうだが、例外はある!

1.男性は花火型、女性は風船型

一気に頂点に達して大爆発するのが男性の恋愛傾向です。そう打ち上げ花火なんです。散るのも早い、余韻もない。
一方、女性は、徐々に気持ちが膨らんでいきます。そして、知らぬままに恋愛風船の浮力によって、地に足がつかなくなっているのです。

2.親密度は時間より回数

これは男女に差はないのですが、心理学では基本中の基本、ザイオンス効果(単純接触効果)によるものです。接触回数が増えるほど好印象を持つようになることです。初対面で「苦手だな・・・」「タイプと全然違う・・・」と思っていても、数年後結婚しているケースもあるように。好意と言うのは、出会いの時間の長さではなく、出会いの回数で決まるのです。1度の10時間デートよりも、毎日「おはよう」の挨拶だけの接触の方が好意が高まるのです。学校で職場で「おはよう、元気?」と声を掛け合う関係の方が恋愛に発展しやすいのです。だから遠距離恋愛が破綻するわけです。いくら3年も付き合っていても赴任先で毎日挨拶だけの人との方が親密になるのです。回数も連続が基本で、途切れたりすると、過去の回数は0回にリセットです。しばらく会ってない?もうザイオンス効果は消滅しています。やり直しはまずムダです、もうすでに誰かと親密になりかけているでしょう。お気の毒です。恋愛も結婚も一気に進めないと頓挫するものです。

3.男性は理性的、女性は感情的

そもそも脳の使われる部分が違うのですから、対立はやむを得ないとも言えます。
男が泣いていると「なに泣いてるの、ちゃんとワケを言いなさい」と説明を求められますが、「涙は女の武器」と言われるように、女性は感情表現が顕著です。

4.男性はロマン(理想)思考、女性は現実思考

例えば、料理するにも男は、まず道具を揃える、高級食材を買う、自分の料理の腕前は全く考えないのに、とりかかります。一方、女性は、そもそも作ったことない、できない、教えてくれる人いない?から始まります。

5.男性は行動、女性は言葉

意思の表現方法として、男性は、まず行動で示そうとします。「好きだ」と言えばいいのに。いきなりキスしたりと行動に出てしまいますが、女性は、言葉で伝えようとします。言葉のシャワーをあびたいのです。キスよりも「好きだ、愛してる」と100回言われたいのです。

6.男性は直接的、女性は間接的

恋愛に限ったことではないのですが、男性は何事にも直接的です、見方を変えれば攻撃的です。女性は言うと、間接的であり保守的です。

7.男性は感情攻撃に弱い、女性は直接攻撃に弱い

男性は、感情攻撃に弱い。じっと見つめられて、ニコッと笑顔でせまられると逃げられない。ヘビに睨まれたカエル状態です。女性の涙にも弱い。
女性は、「壁ドン」に代表されるように、押し込まれると、そのまま受け入れてしまう傾向がある。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント