ポテトサラダ


2020年(令和2年)07月13日 月曜日

ポテトサラダ

2020.07.12のニュ-スコラムに、こんなニュースがあった。

買い物をしている最中、「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と見知らぬ男性に言われたら、主婦の皆さんはどう思いますか?
悲しくなって落ち込んでしまったり、怒りの感情が湧き上がってきたり・・・様々だと思います。この出来事を伝えるツイートは大きな反響を呼び、Twitterでトレンド入りするなど話題となっていました。

ポテトサラダとコロッケは、つくるの面倒なのに、たいして労をねぎらってもらえない料理のツートップ。

ポテトサラダは、非常に手間のかかる料理です。自分でポテトサラダを作ったことがない男性だから、ポテトサラダくらいとなったのでしょうね。

読者の皆さんは、ポテトサラダは得意でしょうか?
やけ君が、ちょっとコツ?を教えちゃいましょう。
夫や彼氏に作ってあげると、「また作って」とおねだりされるかも。

ポテトサラダ

1.作る量の目安

 いくら好物でも大量製造は、いけませんよね、商売じゃないし、家庭では、3日で消費できる量でお考え下さい。

2.じゃがいもの選び方

 ポテトサラダには、男爵イモがよいでしょう、年代の古い人は、馬鈴薯(ばれいしょ)と言う人もいますよ。もちろん、お好みの差はあります。
 男爵イモの特徴は、加熱することでホクホクとした食感をしています。煮崩れしやすいので、コロッケやベイクドポテト、ポテトサラダ、マッシュポテト、粉ふきいもなど実がくずれてもよい料理におすすめです。
一方のメークイン種は、。加熱することでなめらかな食感になるほか、煮崩れしにくいので、カレーやシチュー、ポトフ、煮物など静かにじっくりと味を染み込ませるような料理によく合います。

3.茹で方

皮のままでも、皮をむいてからでも、どっちでもかまいません。ただ皮のままなら、茹で上がりが一番皮を剥きやすいのはご存じの通り。
茹でる時は、塩を入れましょう。芋の甘味が引き立ちます。
時短としては、まず、レンジで10分くらい、その後、茹でる。

4.コツ

じゃがいもの粗熱が取れたら、冷蔵庫でラップなしで一晩。
余分な水分がなくなります。水っぽさ解消です。

5.その他の合わせ具材

きゅうり、たまねぎ、人参、ゆでたまご、ハム、ベーコン、コンビーフ、ツナ缶などお好みで。注意点は、野菜などは、塩もみ後、十分、水気を取ってから混ぜること。

6.味付け

基本は、マヨネーズ。手づくりマヨネーズもいいけど、無難に市販マヨを使いましょう。家庭ごとに、隠し味にはヨーグルト(牛乳)、粒マスタード、黒胡椒が好まれています。その他に、フレンチドレッシングを下味に使う人もいるようです。
やけ君は、粒マスタードが、いいアクセントになると思いますよ。

さぁ、今晩は、ポテトサラダでGo!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

903
2020年07月13日 09:35
今晩は、串カツです。