好きだけで結婚2


2020年(令和2年)02月21日 金曜日

好きだけで結婚2


既婚者に問いたい、結婚は、「好き」か「条件」か、どっちですか?

期待して、ここを読んでいる人に言っておきます。結論は出ません。

理由? それは夫婦ごとに事情は異なるからです。

「好き」派は、1で投稿済み。

●「条件」派

・既婚女性ですが、好きという感情は実はあてにならないもので、最も移ろいやすいもの。だから結婚と考えた場合にはある程度は条件で選んでもいいと思う。その方が間違いがない。結婚は現実だから条件も大事だよ。好きだけで結婚すると失敗するケースも多いからね。あと、お金のない結婚は破綻あるのみだよ。

・あらゆる条件を網羅して、35歳でようやく理想の男性と結婚しました。最初は好きとか思わなかったけど、段々と惹かれていって結婚した今もとても幸せです。ある程度条件満たした相手を好きになれば一番理想的だと個人的には思います。

・私の場合、それはもう恋愛的にお互いに盛り上がり、また彼の転職をきっかけに転勤の絡みもあり割りとスムーズに結婚に至りました。でも、良いところに目を向けすぎて、合わないところや相手の家庭環境など、何とかなるかと甘く見ていた結果、本当に絶望した日々を過ごすことになりました。

・収入が良くてもお金の使い方の考えは一緒か、義実家との付き合いはどうなっていくのか、子どもを授かった時に一緒に協力していけるのかなど…挙げればキリがありませんが、とにかく好き嫌い抜きにして冷静に考えた時に自分で無理なく過ごせる相手じゃないとキツいと思います。それから、相手に絶対的に尊敬できる何かがあるのか。これはとても大事だと思います。私はそれがなかった。義実家との付き合いにうんざり、休みになると実家に帰りたがる夫にもうんざりです。結婚して7年経とうとしていますが、本当に後悔しています。

・好き<条件だったかもしれません。31歳で焦り婚活を始め、半年後に出会い付き合い、1年後に結婚しました。その1年半後に出産。わたしの場合は、付き合っていた時から相手を選ぶ基準として「一生尊敬できるかどうか」を1番に重視しました。努力する事ができる、常に向上心があるところ。壁にぶち当たっても腐らない。頼り甲斐がある。出会って8年、結婚して7年今もまったく変わっていません。
子供の事も本当に大切にしてくれイクメンです。心底この人と結婚して良かったと思っています。

・結婚相談所で知り合って3ヶ月、ちょうど1年前に結婚しました。夫は条件で選びました。(ただし、いわゆるハイスペックな夫ではありません。共働き必須です。) 夫のおかげかと思いますが、「一人最高!!」と思っていた私ですが、結婚も悪くないなっていうのが今の思いです。個人的意見ですが、一人でも充分に幸せになれる人はどんな相手とでも幸せになれるのではないかと思っています。「愛されたい!」「子どもが欲しい!」などなど色々あるかと思いますが、自分が本当に求めているものと、相手の持っているもの、またその逆が一致していればそんなに不幸にはならないと思います。

・私は恋愛と結婚は別派。好きなタイプは売れないミュージシャンや芸術家。付き合うのは楽しいけど、結婚は苦労が目に見えている。婚活ですごいエリートとも付き合ったけど、主従関係になってしまうのが嫌だった。結局、色々な条件が自分より少し上くらいの、対等な夫婦関係でいられる人を選んだ。幸せです。

・条件で結婚しました。相手のいいところが見えてきてどんどん好きが加算され今はそれなりに幸せです。好きで結婚したら嫌なところが目について好きが減るタイプだと自分では思っていたので、条件で結婚してよかったかな…

・好きだけで結婚しては破綻しますね。条件で結婚しましたが正解でした。愛はいずれ無くなりますがお金があれば思いやりが持てる。

・条件で結婚相手を決めたけど、とても幸せ。お金があれば大体のことはできるので、もめない。

・条件で選びましたが、付き合って好きになり、結婚して大好きになり、家族になり大切になり、子どもが生まれイラつく存在になりました。顔はお世辞にもイケメンとは言えませんが、ちょっと頼りないけど心は優しく私が売る喧嘩を絶対に買わない主人が大好きです。条件で選んでも幸せになれますよ。



●「わからない」派

・条件で結婚したって長い人生の中でリストラや見た目の劣化等あるでしょうね。好きで結婚したとしても環境の変化で嫌気がさすことも。結局は好きか条件かの結婚のきっかけよりも、長い年月の中での「変化」の方が幸福度に関係してくると思います。変わらない関係なんてないです。もちろん信頼や愛情が深まったり良い変化も含めて。

・結婚したいと思った時にいた人と結婚した。家の違いとか考え方の相違等で、15年で離婚した。本当はもっと早く離婚すればよかったが、子どもがまだ小さかったりしてなかなかタイミングがなかった。若い時は勢いで行けるが、女性は出産子育てによりかなりパワーアップするので、いずれ話が合わなくなる。年を取ると、話が合う人じゃないとつらい。

・ある数学者が「恋愛・結婚の数学」のような話をしていました。『嫌なことを許容できる範囲を広くする工夫をするカップル』と『嫌なことを話し合いで変化させる力をもつカップル』、離婚する確率が格段に低いのは後者」だそうで。要するに、いかにネガティブな面を建設的に話し合えるか、が結婚の継続に大切なことという事でした。そう考えると、恋愛でも条件でも「話し合える相性の良さ」が一番大事な気がします。

・ある程度好きになれそうで、かつ条件もそこそこ良い人と結婚しました。たいていの人は、両方のバランスをみて結婚を決めているのでは。



今の時代、結婚しないほうが楽なのかもしれませんが、実際に結婚しないと分からない幸せも沢山ありますし、結婚は何歳になってもできますので、「結婚したいな」と思っているなら、「もう、年だから・・・」「子供がいるから・・・」と諦めないで積極的に出会いを探してくださいね。パートナーを選ぶ際のポイントとして、減点法より加点法で選ぶと良いといいますよね。それは、確かに大事なことではあるのですが、それよりも価値観をどこまで摺り合わせることができるか、意見が分かれた時、喧嘩をしなくてもいい相手なのかを見極めることも大切だと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント