好きだけで結婚1


2020年(令和2年)02月21日 金曜日

好きだけで結婚1

夫婦問題で何かブログテーマを探そうと思いましてね。ネットをブラブラしているうちに結婚は、「好き」か「条件」かという問題につきあたった。


既婚者に問いたい、結婚は、「好き」か「条件」か、どっちですか?

期待して、ここを読んでいる人に言っておきます。結論は出ません。

理由? それは夫婦ごとに事情は異なるからです。

●「好き」派

・最初の結婚は駆け落ちして大恋愛で結ばれたけど結局離婚した。でも全く後悔してないし、相手には感謝しかない。もう結婚はいいかなと思っていたら、いろいろあって今50だけど恋愛真っ只中。再婚予定。人生ほんと何があるかわからないけど、だから面白いのかなと思う。条件とかほんとどうでもいいわ。仕事も恋愛も人生も一生懸命ならそれで良いわ。

・『嫌なお方の親切よりも好いたあなたの無理が良い』結婚生活は二人が燃え上がっている初期段階よりも、それ以降の荒熱が取れた時間の方が長く、途中で嫌なことが沢山あります。それはもう、本当に沢山(笑)。こんなような唄の気持ちで居られるのも最初のうちだけかもしれませんが、結婚のスタート段階においてベースに『好き』とか『愛着』とかいう類いのものがないと、長い平熱期間で困難があった時に難しい事になるのかな、と思います。伴侶とは、車や家電や家のように条件だけで決める性質のものではないので、これから結婚を考えている方はくれぐれも自分の気持ち(自分の欲ではないですよ)も大事にして欲しいなと。

・私は彼にトキメキを感じたことがないけれど相手も結婚を強く望みまあ適齢期に優しいのが一番と思って結婚しました。結局優しいけど競争意識や向上心が無かったからリストラ部署に異動に、いつのまにか借金を重ねそして鬱になり家族のことも自分の体の事さえも考えられなくなり、アルコール依存になり‥本当に好きだったわけでもない結婚だったから支えようとか一緒に乗り越えていこうという気がわかなくて苦労しました。もちろんお金は大切だけど、その前に一生生活していくのだからやはり大好きで愛している相手でないと困難を乗り切ることは難しいと思いました。

・27のときに外見が良く、有名大学を出て、収入のいいが、面白味がなく、趣味も合わない男性と好きというより条件で選んで結婚しましたが、1年で一緒にいるのが辛くなり別れました。2年後、条件はかなり落ちますが(生活に支障のない条件の持ち主ですが)面白く趣味の合う人と好きと思って結婚しました。今は、5歳の息子と幸せな日々を過ごしています。現代は、女性も個性的な人が多いので、条件で相手を選ぶと個性が発揮できなくて窮屈な結婚生活を送らざるを得ないので、私個人としては、条件での結婚は、時代遅れだと感じます。

・”それなりに”好き、という感情と適齢期を2番手において、条件を最優先させて結婚しました。お金も家名もあり、そんなにうるさくない相手の家族でそれなりに幸せでしたが、ある日を境に優先させた条件そのものがストレスになり、毎日が色褪せていきました。結婚7年目にして、あとまだ人生半分ものこっているのにこのままどうやって毎日を過ごせばよいか虚しくなりギスギスして最近離婚。そしたら、仕事も人生もかなり活性化!離婚して良かった。楽しい人生は何か?を優先すべき。それはきっと、すきな相手のほうが実現しやすいんだという個人的見解。

・好きで結婚しました。でも、好きと言う気持ちは続かないもので、今はどちらかというと旦那がいると苦痛。ただ、条件で結婚していないのにもかかわらず、旦那の実家がかなり金持ちなので、その点は良かったかな(笑)

・好きも条件も大事だけど、どちらかに極端に偏るのはたぶんよくない。「2番目に好きな人と結婚するのがいい」って言葉を聞いたことがあるけど、真理だと思う。

・私は、好きで旦那と結婚しました。条件は後回しにしたら、中古マンションは買えたが、子供はつくれない旦那の給料でした。でも今、結婚12年目、2人で仲良く幸せに趣味のプロ野球観戦、コンサートなど自由に2人でやっています。

・条件で結婚する人は、「結婚したいから」好きで結婚する人は、「この人とだから」困難を乗り越えるときにどちらのカップルが絆は強いかと言ったら後者でしょう。

・自分は、人間的に尊敬できて好きって言う事が重要だった。付属品に拘るとそれが変わった時には魅力が無くなるって事だから。ちなみに人間性に惚れ込んでいるから10年経つけど益々仲が良いよ。


結婚は「条件」派、2で投稿予定。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント