「頑張っている彼氏」を支えたい女性へ


2020年(令和2年)01月31日 金曜日

「頑張っている彼氏」を支えたい女性へ

一生懸命仕事をしてたり、様々なプレッシャーの中でも頑張っている彼氏を支えたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。
頑張っている彼氏に向かって、どんなメッセージを送ったら、困らせたり負担になったりせずに、疲れを癒やし支えてあげられるか知りたいですよね。
そこで今回は、疲れが吹っ飛び、男性の気持ちを癒やせる言葉や、これは疲れた人に要注意な言葉を紹介します。

"頑張っている彼氏"が、なりやすい5つの心理状態

●頑張っている彼氏の男性心理1. 「癒やし」を女性に求めている

男性は、女性よりも集中力があり、基本的には仕事に熱心ですよね。仕事の取り組みや目的によって、一生懸命に取り組むのでそれなりの疲労感も味わいます。
「忙しいんだよ」と伝えることで、その疲労感を癒やしてもらいたい、彼女からの優しい言葉を待っていることがあるものです。
心が許せて信頼できる彼女から、「お疲れさま」と言ってもらえると癒やされてホッとするはずです。

●頑張っている彼氏の男性心理2. 頑張っていることを認めて欲しい

男性は多くを語らないこともあって、「忙しい」と言われれば、彼女はそうなんだと思うしかないこともあります。
また、同じ会社でない限り、どんな仕事をしてどのくらい頑張っているか、本当の状況はわからないことが多いでしょう。「忙しい=一生懸命に働いている」ということ。
だからこそ頑張っていることが認められると、モチベーションも上がり、さらに頑張ることもできるものです。

●頑張っている彼氏の男性心理3. たまには愚痴を吐きたいときもある

仕事が忙しくてもずーっと会えないとなると女性は不安を感じやすいもの。
連絡をした後で、毎回忙しいと言われると何か他のことがあるんじゃないかと思えることがありますよね。
「愚痴を吐きたい」とか「仕事や会社に嫌気がさしてる」ということも多いもの。
しかし、彼氏や男性が、仕事のことでイライラして愚痴っている姿はあまり想像できない、したくないというのも本音。男性心理としては、ちょっとだけ愚痴を聞いてもらいたいという心理もあります。
でも、愚痴ってしまうことで彼女が引いてしまうと、仕事の忙しさよりもダメージを受けかねません。
自分から言うよりも、「忙しい」ということできっかけになれば、理由や状況を話したい、ちょっと愚痴を聞いてほしいと言う心理が働いているのかもしれません。

●頑張っている彼氏の男性心理4. 辛いときに心の支えが欲しい

辛い時にこそ支えてほしいという心からのメッセージが、「忙しい」と言う言葉になって現れることがあります。
時には、「甘えてもらっていいのに」とか「もっと弱いところも見せて欲しい」と思いませんか。どんなに強気な人でも、辛い時にこそ支えてもらいたいと言うことはあるはず。
追い込まれている、いつ抜け出せるんだろうかと思えるような辛い仕事の忙しさには、心の許せる彼女の支えが効果的です。
「忙しい→辛い→支えて欲しい」と言う気持ちにつながっているようにも見えますね。



●頑張っている彼氏の男性心理5. 男性は身体を労るような一言に弱い

正直なところ、男性の方が繊細でプレッシャーに弱いのに、大きな仕事をこなさなければいけないことも多いもの。
男性の職場でのハードワークには、女性が想像もつかないストレスが伴うこともあります。
だからこそ、他の人も同じように疲れている、弱音を吐くほど余裕がないと言う時の心身ともに労うような一言には元気付けられます。
「食事は食べてる?」「昼食はとれたの?」など、ちょっとした気遣いを受けるだけで、彼氏は「自分の気持ちを理解してくれている!」と心の底から彼女があなたで良かったと思うはず。
食欲がないほど追い込まれていたり、忙しくてちゃんと食べれないことがあったりする彼氏には、ちょっとした気遣いの連絡を伝えてみるのも良いでしょう。


●彼氏が喜ぶ言葉例1. 「いつも遅くまでおつかれさま。気をつけて帰ってね!」

本当は会いたい、でも会えないほど忙しいと言う時は、「いつも遅くまでおつかれさま。気をつけて帰ってね!」がおすすめ。

●彼氏が喜ぶ言葉例2. 「この連勤を乗り越えたら、次の休みは会えるね」

男性は未来があると思えば、頑張ってね、と言われなくてもモチベーションを上げることができる

●彼氏が喜ぶ言葉例3. 「私はいつでも〇〇の味方だよ」

彼女からの「私はいつでも〇〇の味方だよ」とメッセージがくると、彼女は絶対的な味方、自分を支える存在だと思い、やる気が出てくるでしょう。
「味方だよ」と伝える気配りのできる言葉は、疲れが吹っ飛び気持ちが救われると思う男性も多いようです。

●彼氏が喜ぶ言葉例4. 「また落ち着いたら、いっぱい遊びに連れて行ってね」

「また落ち着いたら」と伝えると、今は仕事に集中させてもらえるという思いやりと、「いっぱい連れて行って」という甘えを含む言葉でデートは後でもできるという気持ちを伝えられます。

●彼氏が喜ぶ言葉例5. 「心配になるから頑張り過ぎないでね」

頑張ってる人に「頑張ってね」は酷ですが、「心配してる」「頑張りすぎないで」と言われたら、気持ちが和むだけでなく本当にあなたで良かったと心から思う瞬間になるかもしれません。

●彼氏が喜ぶ言葉例6. 「いつも仕事頑張ってるから、たまにはゆっくり休んでね」

「会いたい」と言われるほうが嬉しいようにも感じますが、気持ちが追い込まれている時には、思いやりのあるメッセージになります。

●彼氏が喜ぶ言葉例7. 「今度マッサージしてあげるね」

「今度~」っていうことで、間も無く会えるという期待にもなっています。男性にとっては、今の忙しさが終わればと思えるでしょう。きっと泣きそうなくらい嬉しくなったり、今すぐ帰りたいという気持ちになったりします。

●彼氏が喜ぶ言葉例8. 「私になら甘えていいからね」

本心は「甘えたい、本心が晒せる」という時に、「甘えていいよ」と言われたら、一緒にいると気持ちが和むだろうなぁという気持ちは深まるでしょう。

●彼氏が喜ぶ言葉例9. 「忙しいのに時間作ってくれてありがとうね」

疲れが吹っ飛ぶだけでなく、思いやりがある優しい言葉と言えます。

●彼氏が喜ぶ言葉例10. 「いつもお仕事頑張ってて、尊敬しちゃうな」

「頑張ってて尊敬しちゃうな」と言われたら、それは間違いなく励みとなる言葉です。

頑張っている彼氏には言ってはいけないことば

●頑張っている彼氏にNGなセリフ1. 「もっと頑張らないとだね」

「もうこれ以上がんばれない」と思わせてしまうだけ。

●頑張っている彼氏にNGなセリフ2. 「私と仕事どっちが大事なの?」

ドラマのように「私と仕事どっちが大事なの?」と言ってしまうと、仕事で追い込まれている彼氏に、さらに追い討ちをかけるようなもの

●頑張っている彼氏にNGなセリフ3. 「お仕事ばっかで寂しいな」

カップルであれば、「一緒に過ごしたい」という気持ちはあるはず。でも、「寂しい」とメッセージが来ると、彼氏として何もしていないような、気分にさせられるものです。

●頑張っている彼氏にNGなセリフ4. 「休みの日くらいはどっか行こうよ」

それでも「どこか行こうよ」というのは、ゆっくり休みたいと思う彼の気持ちを追い詰めるようなものです。
女性の側は、通常のスケジュールであっても、かなり追い込まれた状況にあった忙しい彼氏は、少し落ち着きたいと思っています。
「どこか行こう」と言われるよりも、「どうしたい?」と聞いてあげて、ゆっくりできる時間を確保できる方が、和むかもしれません。デートしようか?と言ってくれるなら、デートのプランを計画してあげることもできるでしょう。


●頑張っている彼氏にNGなセリフ5. 「そんなに忙しいの?」

忙しくて頑張っている彼氏に対して「そんなに忙しいの?」と聞いてしまうのは、まさに疑ってかかるようなものです。
「疑われてる」「信用されていない」と思う人には、愛情が欠けてしまうもの。
「忙しいのは本当?」「容量が悪いんじゃない」「やり方が悪いのかも」というような印象を与えてしまいます。
これには、忙しく一生懸命な男性でなくても、カチンとくる人が多いでしょう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント