日本人は刺身(=生魚)の寄生虫は怖くないのか


2020年(令和2年)01月13日 月曜日

中国サイトに、日本人は刺身(=生魚)の寄生虫は怖くないのか、という記事があった。

そもそもだが、魚の流通管理、衛生品質管理、調理法、食べ方が根本的に異なるんだが。
日本人だって寄生虫は怖い。

例えばだが、鯵(あじ)の刺身が食べたい時に、馴染みの魚屋さんに行く理由:

客「今日、お客さんが来るので鯵の刺身が欲しいんだけど」といえば
店「この時期はね、モノがよくないので刺身はやめといて、焼くかフライにしてよ」
客「じゃ、フライ用に10匹ください」
店「今日は、脂がのったいいのがあるから、出しておくよ」
のように、馴染み客になれば品質についても正直に対応してくれます。

日本では、生臭さを取るために、血抜き、神経締め、内臓除去、マイナス60度冷凍、除菌された海水、などの処置が普通に行われています。

しゃぶしゃぶ、炙りなど刺身に近い食感が味わえるような料理法や、わさびなどの薬味のつけあわせで殺菌効果を持たせたりと、

多くの品質管理が行われております。

こうした徹底管理が中国でも行われれば、普通に刺身が味わえるでしょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント