不倫・浮気 番外21


2019年(令和元年)12月13日 金曜日

不倫・浮気 番外21

不倫・浮気 番外1  効果的な探り方
不倫・浮気 番外2  浮気症がつい口にする7つの言葉
不倫・浮気 番外3  浮気症を見抜く
不倫・浮気 番外4  単身赴任は不倫の入り口
不倫・浮気 番外5  40代を超えると女性は不倫しやすくなる
不倫・浮気 番外6  好きになってはいけない人1
不倫・浮気 番外7  好きになってはいけない人2
不倫・浮気 番外8  好きになってはいけない人3
不倫・浮気 番外9  好きになってはいけない人4
不倫・浮気 番外10 好きになってはいけない人5
不倫・浮気 番外11 好きになってはいけない人6
不倫・浮気 番外12 好きになってはいけない人7
不倫・浮気 番外13 好きになってはいけない人8
不倫・浮気 番外14 好きになってはいけない人9
不倫・浮気 番外15 まさか夫(妻)が不倫?その時
不倫・浮気 番外16 不倫がわかったら、気づいたら 
不倫・浮気 番外17 不倫する女性の特徴
不倫・浮気 番外18 不倫する女性の心理
不倫・浮気 番外19 結婚式当日に現れない 
不倫・浮気 番外20 不倫後に家庭に戻れるか
不倫・浮気 番外21 修羅場1
不倫・浮気 番外22 修羅場2
不倫・浮気 番外23 修羅場3
不倫・浮気 番外24 修羅場4
不倫・浮気 番外25 上手な気持ちの終わらせ方


今回は、「不倫・浮気 番外21 修羅場1」です。



●修羅場1

不倫をしている嫁と間男の現場に突撃した男性

この男性は妻が2人の男性と浮気をしているのではないかと疑い、自宅にピンホールカメラを設置しました。間男1号と間男2号もどちらも自宅にはこないものの、妻は間男1号とラブホテルで密会。妻の携帯を隙を見つけて監視し、自宅に間男2号がくることがわかりました。妻には出張でその予定である翌日に帰宅すると伝えていましたが、もちろん嘘。当日、音を立てないように手で押さえながらゆっくりと鍵を回し、友人はハンディーカム、興信所の人はデジカメを手に順番に玄関へ入りました。 玄関に入ると妻の情事の声が聞こえたと言います。

様子をうかがいつつ、妻と間男の前に出ました。2人はしばらくの間固まっていましたが、妻が絶叫。間男は茫然自失の状態で動きませんでした。このやりとりを全て録画し、決定的な証拠となったそうです。この間男たちには慰謝料を請求し、示談で勝ち取りました。そして妻とは離婚。間男たちは金銭だけではなく、周囲へこのことをバラし、生きにくい状況へと導いたそうです。



●修羅場2

不貞現場を娘に見られ信頼を全て失った女性

浮気が夫に発覚してから3年の贖罪生活をしてきたと話す女性。今更後悔しても仕方がないのですが、この事実が見つかった時の瞬間の記憶がショックからか頭からスパッと消えてしまったと話します。女性が不倫をする原因になったことは、仕事がうまくいっていたことだと思います。入社3年目くらいから仕事ぶりを評価されるようになり、営業課長によって配置転換されることになりました。営業職になってから、仕事関係で出会ったのが夫。女性の好みの男性に出会えたこともあり、こっちから積極的に自分を売り込み、距離を縮めていきました。

その状態が面白くなかった営業課長は、自分が育てた人材をみすみす手放したくないと考え、色々裏工作をしたものの、その事実に気付いた女性が烈火のごとく怒ったものだから課長も折れることになったそうです。

その後、夫となるその男性と結婚し、すぐに子供ができたので職場を離れてしまいました。結婚後も毎年のように課長から暑中見舞いや年賀状を送ってくれ、職場に復帰する際には連絡をくださいと毎回書き添えられていました。子育てが落ち着いた時に、職場復帰することを決め、課長は昇進し部長になり、部長付きの秘書兼営業という形で復職。その後関係が深まり不倫に発展してしまいました。

ある日、飲みに誘われて美味しいお酒を飲み、まだ帰宅したくない気持ちが勝り、カラオケへいくことになりました。カラオケルームの中でいちゃついていると、部屋のドアを叩く音が聞こえたのです。店員さんかと思っていたら、なんと制服姿の自分の娘。娘は私たちのことに対して発狂し、私たち自身もどうしてよいのかわからなくなってしまったのです。帰宅してから夫からも責められ、周囲の人間を巻き込み、社内の人間にもバレてしまいました。夫とは離婚せずに、不倫相手との関係をやめたのですが、娘の信頼を取り戻すのに約2年かかってしまったそうです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント