ハラスメント 55


2019年(令和元年)12月27日 金曜日

ハラスメント 55

第XX弾の詳細掲載を削除します。


今回は、「ハラスメント 第55弾 ハラスメントハラスメント(ハラハラ)」です。



ハラスメントハラスメントっていうのは、何かにつけて「それってハラスメントですよね!」と言いがかりをつける行為のこと。「ハラスメント」という言葉が広まったからこそ生まれたハラスメントと言える。ちょっと上司に注意されたからってすぐに「パワハラだ」…みたいに過剰に反応し過ぎていると、人間関係が円滑にいかなくなる。

ハラ・ハラとは、ハラスメント・ハラスメントの略で、何かにつけて「〇〇ハラスメントだ!」と批判することをいいます。

みなさんの身近にも、ハラ・ハラ社員がいるかもしれません。実際にあったハラ・ハラ社員の話です。

■仕事のミスを注意しただけで…
何度も同じミスを繰り返す部下に少しきつく注意したところ、翌日人事に「上司が私にだけ注意しています。パワハラをどうにかしてください」と相談されたそうです。

■運動会どうだった?と聞いただけで…
小学生くらいの子供がいる女性社員に男性上司が「運動会どうだった?何着だった?」と聞くと、「私生活の話を聞くなんてプライバシー侵害です!」と言われ、そのまま相談窓口へ駈け込まれたそうです。

■ハラ・ハラ社員が増えた原因は?
ハラ・ハラ社員がここまで増えた原因のひとつに、終身雇用制度の衰退があるといわれています。終身雇用制度は、勤続年数が長い人ほど給料が増える年功序列とセットの関係になっています。これまでは、長く勤めれば給料が増えるため少しの嫌なことであれば我慢していましたが、今はスキルアップのためであれば、会社を辞めることに抵抗が少なくなった人が増えたことが原因と考えられています。この他に、個性を言い訳にして、他者との協調性が乏しく我慢ができない人が自分の都合の良いようにハラスメントを利用しているとも考えられています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント