集客43


2019年(令和元年)12月28日 土曜日

集客43

*12345*


今回は、「集客 第43弾 失敗する整体院の特徴」です。



整体院を開業して、人が来ない人ってどんな人だろう?あなたは、希望に燃えて整体院を開業したのになぜか?人が来なくて悩んでないだろうか?整体院の数は年々増えるばかりで、潰れる店も年々増えている。愛想のいい接客とまあまあの治療技術では生きていけない時代が来ている。

あなたの整体院は、今どんな状況なんだろう?もしかして、この道があなたに合ってないのかもしれません。なんで?なんで?と毎日鳴らない電話を見つめてる売れない整体師のあなたに警告しよう。整体院の経営で失敗する人には、特徴がある。あなたのお店に人が来てないならこの10個の失敗例に当てはまってるでしょう。


■失敗する整体院の特徴


●1.顔が悪い

人相ではなく、表情です。これはもうどうしようもない。失敗する人は失敗する顔をしています。TVで犯人の顔をみてください。いかにもって感じの悪い顔してますでしょ?同じなんです。暗くて、目に自信がないのです。整体師は、人に希望とエネルギーを上げる立場なので、暗い整体師に治療してもらいたくないのです。あなたの顔は大丈夫ですか?福山雅治ほどカッコよくなくてもいいのですが、見た目がすべてです。目つき・顔つきに「治せる自信」が出るのです。人が来ないと暗い人は、ネガティブになってますます貧乏くさくなってきます。これって本当です。売れてるオーラを身につけよう。頭髪や服装も「やる気」ありますか?


●2.人が苦手

人とのコミュニケーションが苦手な人は、整体院の経営に失敗します。100%ダメでしょう!整体師は、人の悩みを聞き、その悩みをわかってあげて、さらに治療をします。女性が苦手だったり、緊張なんてしていたら体を任せることができません。初心者は、仕方ないとしてもオドオドしていて頼りないと、患者さんがついてきません。独断と偏見で「こうだ!」というぐらいの自信を見につけて欲しいですね。

★売れてる整体師は人生を変えていくぐらいの気迫を持ってる人ばかりです。あなたが人にビビってる場合、この道は不適合であると言えます。治療技術に磨きをかけて、自信を持ってどうどうと人を救って行って欲しいと思います。


●3、広告してない

広告しないと人は来ないですよ。インターネットの時代になってまだ広告をしてない整体院があります。経費かかるから広告やらないとかいう人いますが、待ってるうちにどんどん白髪が増えていきます。広告すれば、人は来るのです。いい治療すれば人は通うのです。その王道からズレれば、天才でない限り潰れるのです。

整体師が広告するなんて、「売れてないのがバレちゃう」と思ってやってなかったです。町の人は、全然私の整体院を知らなくて来れなかっただけなんです。満員御礼になっても広告はガンガンし続けています。どんどん知らせましょう。あなたが総理大臣になってもそんなに知れてない真実を知りましょう


●4.自分のやり方でやってる

失敗してるやり方をいつまでも、努力と根性でやってる頑固整体師は失敗します。体をこわすでしょう。間違ってるやり方なのに、やり方を変えないのです。そんな念力みたいなものに頼っても人は来ません。

整体院前の神社に100円玉放り投げて、「新規1名さまお願いします」とお願いしてたけど、来ません。なぜなら広告してなかったからです。自分のカラの中でもがいても時間が過ぎていくだけです。結果の出ないやり方を10年、20年続けても答えは一緒だということにそろそろ気づきましょう。町のシャッター通りをご覧なさい。いつまでも昭和のやり方で、布団屋のおばさんは、じっとレジの前で待ってるのです。そんな人に景気はやって来ないです。時流に乗って成功するやり方をしましょう。


●5.現状分析ができてない。

失敗する整体師は、数字が苦手です。お金をもらうのも苦手だし、数字を管理できていません。新規が1名くるともうそれだけで1日がハッピーになっちゃって、次の日また暗い整体師になるのです。落ち込みの激しい人は、現状分析ができてません。目標数字もボヤッとアバウトな100万円。今週の売り上げはいくら?と聞いてもわからない。リピート率を聞いてもわからないから、対策ができない。そうです。

★何が問題かわかってないから、すぐに「新規が来ない」という話になる。

「何で来ないかな~」じゃなくて、今どうゆう数字の状況か?を把握しましょう。現在の地点がわからないと、手の打ちようがありません。自分の会社の数字ぐらいパッと答えられるようにしておきましょう。新規23名・リピート16名・リピート率70%、*CPA=広告費用対効果は、5500円/人、一ヶ月の*LTV36000円ということは、広告費を倍にすれば、新規が増えてそのまま利益が増える計算です。リピート率が悪ければ、治療の技術レベルを上げないといけないかもしれない。あなたの問題は何だろう?

*CPA:
広告を出稿する時などによく聞くCPA(Cost Per Action)とは、1件のコンバージョンを獲得するためにかかったコストのことで、“顧客獲得単価”、“成果単価”とも呼ばれます。この“CPA”は「CPA=総コスト÷コンバージョン数」といった計算式から算出しましょう。例えば広告費10万円をかけて、100件のコンバージョンを獲得した場合、CPAは1,000円となるわけです。つまりこの場合、商品単価は1,000円以上でなければ赤字ということになります。

*LTV:
LTV(Life Time Value)は日本語では「顧客生涯価値」と訳されます。顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益のことを指し、一般的には顧客の商品やサービスに対する愛着(顧客ロイヤリティ)が高い企業ほどLTVが高まりやすくなります。分かりやすく言えば
「顧客がそのサービスを使い続ける上で、サービスに投下する金額の総額」
を意味します。その顧客が他のサービスに移ってしまうなどして、サービスを使わなくなってしまうまでの金額総額のことです。
一般的にどの市場においても、競争が激化するほど新規の顧客獲得費用も増加していきます。そのため、新規顧客獲得だけではなく既存の顧客のシェアを維持・拡大することは重要なテーマになります。LTVは、このような顧客シェアを管理するための指標のひとつとして使用されます。また、顧客獲得に対して必要な費用を設定する際にもLTVは欠かせません。LTVを把握することで、顧客1人あたりの獲得費用(目標CPA)の上限値を決めることができます。例えば、LTVが1人あたり2,000円の場合は、LTVに粗利率を掛けることで目標CPAとして上限を設けやすくなります。
LTV=平均購買単価×購買頻度×継続購買期間


●6.お金をもらうのが苦手

お金に執着しない人は、儲かりません。人がイイだけの整体師は、治療も治せないしお金も入らない。日本人は、昔から親から「お金は汚いもの」「お金は儲けすぎていけない」「お金が減っちゃう」とやけにお金を毛嫌いしています。お金がないくせにお金が欲しいというのは無礼みたいな考えが支配しています。整体院は、商売です。いい治療をして人を救ってあげた対価をたくさんもらうのは当然です。それをボランティアみたいな精神でやってる整体師はニセモノです。イチローだって、錦織だって、本田だって、年棒ですよ。結果出すなら儲けて当然です。中途半端に収まろうとするからうまくいかないのです。ならば、あなたの整体院で1億円儲けて、そのお金をボランティアに投入しよう。そうゆう気概を持った人物が成功します。あなたは、自分のことを考えて「いい人に見られたい」という卑怯な考えだから、「お金が苦手」なのです。ガンガン稼いでください。いい仕事なんですから!


●7.行動するスピードが遅い

成功する人は行動が早いです。チラシ作るのでも徹夜かけてでも1日で仕上げます。町の人に3日以内に届いています。切迫感もないから、あなたの行動に締め切りがないです。恋人が人質に取られて山奥にいる場合、あなたは躊躇しますか?すぐに出かけるでしょう。子供が熱を出して苦しそうなら、会社休んでも病院に朝イチで連れていくでしょう。そうゆう気迫がないから、いつまでもダラダラしてるのです。

★結果出す人は、行動スピードがめちゃめちゃ早いです。

失敗する人は、なんでも先延ばしです。人生全部先延ばしです。いつになったら本気出すのか?待ちくたびれます。行動してないのに結果にこだわるのです。なんともなりません。売上ないのに、家族サービスやら売上ないのにちゃんと寝て、売上ないのに朝遅いなんて結果出るわけないじゃん。そんなに仕事したくないならサラリーマンに戻った方がいいよ。


●8.治療が下手

治らないと人は来なくなるし、信頼失いますね。治療院は、人間関係ビジネスなので信頼関係が大事です。治療院の信頼とは、治療に効果があることです。ニセモノは、バレます。患者さんもいっぱい色んな病院や整体院に行って騙されてきたので、「ここもそうか」と落胆されて帰っていきます。「先生また電話します」なんて「もう来ません」と同義語です。治療が下手であることを認めましょう。センスがないのかもしれません。どこが悪いか?わかって治療してるのでしょうか?先生自身が、この人はどうやったらよくなるか?が見えて治療してるのと、当てずっぽうに治療してるのは結果が違います。治療技術を磨いてください。


●9.○○分いくらの【単なるマッサージ屋】になってる

治療ではなくて、60分5000円とかの普通の整体院では売れません。月30万程度でよければお客さんにヘコヘコしながら稼ぐことができます。一人整体院で安定させて毎月100万円以上稼ぐとなれば「人の痛み」を取るポジションにしましょう。誰にも解決できない問題をあなたが解決できれば、あなたの整体院は繁盛します!日本でたった一人の難病治療ができたら、もう入れ食いです。入れ喰いとは、魚の大群にエサを一つピュッと投げたら、ドワーっと魚が集まってくることです。そうゆう導火線に火をつけてください。あなたは、いつまでも時間で施術をするそのへんの普通のマッサージ整体を続けるのか?本物の整体院として、人生をかけていくのか?を決めるべきでしょう。


●10.師匠がいない

あなたを指導してくれる師匠がいますか?売れてないあなたが、売れてない頭で行動していくことはとても危険です。なぜなら、ずっと売れないからです。残念ですが真実です。やり方もマインド(考え方)も貧乏整体師の発想ですから永遠に成功できません。自分で考えたハガキ広告を作っていましたが、全然人が来ずに泣いていました。町の広告もやったしホームページも作ったけど人は来なかったです。全部やり方が間違っていたのです。
整体の専門学校の人の真似か延長線上のことをやっていたら、同じような結果しか出なかったのです。ちゃんと売上あげて治療実績のある師匠についた方がいいです。それが早いし、体中の細胞が成功する細胞に変わります。


●まとめ:失敗するべくして、失敗している

一人整体院の施術ルームから声が聞こえる。「なんで来ないのかな~?」と言って、日曜日なのにお店をオープンして待ってる院長がいる。彼は、窓の外を見て「雨だから仕方ないかな」とため息をついている。暗くなった彼の寂しそうな顔には人は寄り付かない。

その時、電話が鳴った
「あの~今日の2時に予約してる鈴木ですけど~、ちょっと仕事になっちゃいましてキャンセルしたいんですけど~」
「あ~そうですか~!わかりました~また待ってますね~ お大事に~」
ここで「あっそうですか」と言ってはいけません。
「今度の土曜日か日曜日は、いかがですか?平日でもかまいませんよ」と営業トークは、当然です。本当に痛みがあって仕事都合のキャンセルなら、再予約に応じるはずです。ただ行きたくなくなった場合は、都合が悪いの一点張りでしょう。

あなたは、新作のチラシを見て、「これいけると思ったのにな~」と反応のなかった広告を見てまたため息をついた。その広告にお客さまの笑顔の声が2つ載ってれば、人がどんどん来てたかもしれません。手立てを知らない戦士は討ち死します。悩むのが日課になり、行動するのがイヤになります。あなたがこの失敗例に入ってないことを心から願っています!

この道は、素晴らしい道です。人の役に立ち、お金の儲かる素晴らしい仕事です。どうせやるならプロフェッショナルな整体師として羽ばたいてください!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント