不倫・浮気1


2019年(令和元年)11月13日 水曜日

不倫・浮気1

不倫・浮気 第1弾 違い
不倫・浮気 第2弾 実態・統計
不倫・浮気 第3弾 心理学的には 夫編
不倫・浮気 第4弾 心理学的には 妻編
不倫・浮気 第5弾 肯定論
不倫・浮気 第6弾 否定論
不倫・浮気 第7弾 早死
不倫・浮気 第8弾 出会いのきっかけ
不倫・浮気 第9弾 不倫相手
不倫・浮気 第10弾 本気になる理由
不倫・浮気 第11弾 どこで
不倫・浮気 第12弾 罪悪感
不倫・浮気 第13弾 何を求めて
不倫・浮気 第14弾 不倫の心理学
不倫・浮気 第15弾 不倫に気付いたら
不倫・浮気 第16弾 ネット用語
不倫・浮気 第17弾 スル夫の特徴
不倫・浮気 第18弾 スル妻の特徴
不倫・浮気 第19弾 不倫発覚のきっかけ
不倫・浮気 第20弾 普通の主婦が
不倫・浮気 第21弾 家庭円満でも
不倫・浮気 第22弾 夫の兆候
不倫・浮気 第23弾 妻の兆候
不倫・浮気 第24弾 リスク
不倫・浮気 第25弾 不倫男性の実話
不倫・浮気 第26弾 不倫女性の実話1
不倫・浮気 第27弾 不倫女性の実話2
不倫・浮気 第28弾 バレない工夫
不倫・浮気 第29弾 バレた時
不倫・浮気 第30弾 バレやすいポイント
不倫・浮気 第31弾 秘密を守れる不倫相手
不倫・浮気 第32弾 不倫しているのか知りたい
不倫・浮気 第33弾 報復
不倫・浮気 第34弾 離婚
不倫・浮気 第35弾 慰謝料
不倫・浮気 第36弾 相手と結婚できない
不倫・浮気 第37弾 最終結末
不倫・浮気 第38弾 対策1
不倫・浮気 第39弾 対策2
不倫・浮気 第40弾 対策3
不倫・浮気 第41弾 妻の不倫1
不倫・浮気 第42弾 妻の不倫2
不倫・浮気 第43弾 妻の不倫3
不倫・浮気 第44弾 妻の不倫4
不倫・浮気 第45弾 なぜ不倫に
不倫・浮気 第46弾 不倫女性のその後
不倫・浮気 第47弾 不倫の終わり
不倫・浮気 第48弾 不倫相手と別れるには
不倫・浮気 第49弾 別れの決断
不倫・浮気 第50弾 不倫の終わり方1
不倫・浮気 第51弾 不倫の終わり方2
不倫・浮気 第52弾 不倫の終わり方3
不倫・浮気 第53弾 不倫が分かったら
不倫・浮気 第54弾 別れられない理由
不倫・浮気 第55弾 不倫あるある1
不倫・浮気 第56弾 不倫あるある2
不倫・浮気 第57弾 不倫あるある3
不倫・浮気 第58弾 不倫あるある4
不倫・浮気 第59弾 不倫男性の心理
不倫・浮気 第60弾 不倫をすぐ止めるには
不倫・浮気 第61弾 本命に変わる瞬間
不倫・浮気 第62弾 不倫を引き起こす根本原因
不倫・浮気 第63弾 不倫・浮気の心理
不倫・浮気 第64弾 男は浮気するものか
不倫・浮気 第65弾 後悔している
不倫・浮気 第66弾 気づいたら放置しない
不倫・浮気 第67弾 許せないと感じる女性心理
不倫・浮気 第68弾(最終回) 不倫のあと、これからどうしていく


今回は、「不倫・浮気 第1弾 違い」です。



■「不倫」と「浮気」とは、どう違うのか

恋人、夫、妻がいるのに、他の異性と肉体関係を持つことを「浮気」といいます。

浮気というのは恋人以外の者と親密になったり、もしくは交際関係になることで、肉体関係があってもなくても浮気と言われたりします。浮気は「浮ついた気持ち」の略とも言われているので、「恋人じゃない人を好きになった」「配偶者以外の人に心奪われた」など主に気持ち的なことが意味に込められていると言えるかもしれません。
若い恋人たちの間では不倫と言う言葉より浮気という言葉を使用する機会の方が圧倒的に多いでしょう。

不倫はすでに結婚している人が当事者に含まれており、「配偶者を持つ者が、配偶者以外の者と肉体関係を持つこと」となります。

これを法的には「不貞行為」と言い、民法709条の不法行為に該当します。浮気もそうですが、肉体関係があることが不倫の大きな要素であり、逆に肉体関係がない場合は浮気とは言ってもまず不倫とは言いません。


もっと言えば以下の3つのパターンが考えられますが、全て不貞行為に該当します。

●1.配偶者を持つ者が配偶者以外の者と肉体関係を持つ

自分が結婚しているのに、夫や妻以外の人物と肉体関係を持ってしまうケースです。


●2.配偶者を持つ者と肉体関係を持つ

自分が独身でも交際相手に夫や妻がいるケースも不貞行為となります。ちなみに相手が既婚者であることを知らず、そのことに過失がなかった場合は不貞行為は免れます。


●3.配偶者を持つ者同士で肉体関係を持つ

お互いに配偶者を持つ者同士の肉体関係も当然不貞行為となります。それぞれの家庭に影響が出るので最もトラブルの度合いが高くなる可能性があります。


上記3つのパターンのように、たとえ自身が独身であっても、結婚して夫(妻)のいる者と関係を持てば不倫関係(不貞行為)となります。また、配偶者のある者同士の不倫は「W不倫」などと呼ばれますが、どこかで耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。不貞行為は罪に問われることはありませんが民事上の違法行為であり、訴えられて敗訴した場合は損害賠償金(慰謝料)を支払わなければなりません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント