会話11


2019年(令和元年)10月31日 木曜日

会話11

会話 第1弾 しゃべらない
会話 第2弾 会話が苦手
会話 第3弾 マナー
会話 第4弾 国語力の劣化
会話 第5弾 続かない会話
会話 第6弾 話題のネタ1
会話 第7弾 話題のネタ2
会話 第8弾 話題のネタ3
会話 第9弾 関西人の会話
会話 第10弾 会話のキャッチボール
会話 第11弾 ソーシャルスキル
会話 第12弾 コミュニケーション力
会話 第13弾 あなたは何タイプ?
会話 第14弾 スピーチ
会話 第15弾 プレゼンテーション
会話 第16弾 話し方1
会話 第17弾 話し方2
会話 第18弾 話し方3
会話 第19弾 司会
会話 第20弾 挨拶
会話 第21弾 ビジネス・コミュニケーション
会話 第22弾 考える力
会話 第23弾 5W1H
会話 第24弾 会話力
会話 第25弾 沈黙の心理
会話 第26弾 話し上手1
会話 第27弾 話し上手2
会話 第28弾(最終回) 話し上手3


今回は、「会話 第11弾 ソーシャルスキル」です。



ソーシャルスキル

社会技能(しゃかいぎのう)またはソーシャル・スキル(英語: Social skill)とは、社会の中で普通に他人と交わり、共に生活していくために必要な能力。心理社会的な能力、ライフスキルといった言い方もする。イギリスでは、小中学校で、PSHE(人格的、社会的健康教育、personal, social and health education)という名前の教科を設定して特にこうした能力の育成を図っている。

社会心理学分野の用語。ソーシャルスキルとは、対人関係における目標を達成するために、適切かつ有効な技巧・行動・思考の総称のことです。簡単に言うと、「ほかの人に対する振る舞い方やものの言い方」のことです。ソーシャルスキル・トレーニングとは、対人的な問題行動や心理社会的問題を抱えている人たちを対象に体系的にソーシャルスキルを教えようとするものです。

▲どういったものがあるか

ソーシャルスキルには、人と接するときに大切なものがいくつも含まれています。その中には、普段何気なくしている行動もあり、気付かぬうちにソーシャルスキルを使っているかもしれません。ここでは、どんな行動がソーシャルスキルといえるのかを説明していきます。

まず、ソーシャルスキルには、声の大きさ、話す速度。表情、身振り手振りなどの対人行動をするときに用いられる要素が含まれています。 具体例として、

・友人と会ったときに挨拶する
・人と話すとき目と目を合わせながら会話する
・相手の言葉に相槌をうつ

といった日常生活でも良く見て取れるものが挙げられます。また、ソーシャルスキルは行動だけでなく思考も含まれます。「どういったのが相手を不快にしないか」、「印象を良くできるか」。どのような行動が適切か、効果があるかを考えることもソーシャルスキルの一部です。


■SST(social skill training:ソーシャルスキルトレーニング)

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とは、心理療法として開発されたもので、既に見てきたソーシャル・スキルを訓練で学ぼうとするものであり、その考え方でもあります。コミュニケーションや対人関係に関わる「困難」を、性格のゆがみなど個人的な要因からとらえられるのではなく、コミュニケーションの技術ととらえれば、その技術を向上させることで「困難」を解消できると考えられるからです。

ADHD、自閉症スペクトラム障害、学習障害などを含む発達障害は、それぞれの本質的障害は異なるものの共通して社会性の問題を呈することが多いといわれます。このような子ども達への対応が遅れると様々な2次障害が生じることがあり、また年齢が進むにつれて自分と周囲の違いを自覚し本人の悩みが深くなりがちです。


■ソーシャル・スキル・トレーニングの目的

ソーシャル・スキル・トレーニングの目的は、家庭や学校などでの生活に適応できるようになることだけでなく、将来社会生活を送るようになったときを見越して、対人関係上の問題を抱えないためのソーシャル・スキルを身につけることにあります。よって、ソーシャル・スキル・トレーニングを通じて学ぶことには、以下のようなものがあります。

●1.対人関係における基本的な知識

遊びの仲間に入れてもらうにはどうすればいいのか、仲直りするには何と言えばいいのか、先生方など目上の人にはどのように振る舞えばいいのか、あるいはどのような言葉づかいをすればいいのか、といった適切な対人行動についての基本的な知識。

●2.自分以外の方の考えや思い、感情などを理解する方法

相手の言葉の理解の仕方や、相手の表情やそのしぐさなどからその意図や表には出てこない感情を読み取る方法。

●3.自分の思考と感情の伝え方

自分の考えや思いを相手に伝えるために、自分が求めていること、考えていること、感じていることをとらえ、それをその場の状況に合わせ伝える方法。合わせて実際の場面での感情のコントロールの仕方、それを実際に行動できるようにするための訓練。

●4.対人関係で起きる問題を解決する方法

他者から誤解されたり、理不尽な要求をされたりといった、自分の思いどおりにならないときの対処方法。その方法は一つではなく複数の方法があること。その方法を実際に使うことによって得られた成功体験の積み重ねにより、解決する力を高めること。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント