会話9


2019年(令和元年)10月30日 水曜日

会話9

会話 第1弾 しゃべらない
会話 第2弾 会話が苦手
会話 第3弾 マナー
会話 第4弾 国語力の劣化
会話 第5弾 続かない会話
会話 第6弾 話題のネタ1
会話 第7弾 話題のネタ2
会話 第8弾 話題のネタ3
会話 第9弾 関西人の会話
会話 第10弾 会話のキャッチボール
会話 第11弾 ソーシャルスキル
会話 第12弾 コミュニケーション力
会話 第13弾 あなたは何タイプ?
会話 第14弾 スピーチ
会話 第15弾 プレゼンテーション
会話 第16弾 話し方1
会話 第17弾 話し方2
会話 第18弾 話し方3
会話 第19弾 司会
会話 第20弾 挨拶
会話 第21弾 ビジネス・コミュニケーション
会話 第22弾 考える力
会話 第23弾 5W1H
会話 第24弾 会話力
会話 第25弾 沈黙の心理
会話 第26弾 話し上手1
会話 第27弾 話し上手2
会話 第28弾(最終回) 話し上手3


今回は、「会話 第9弾 関西人の会話」です。



地域や出身地で会話に特徴があります。特に関西人には特有の会話常識があります。
職場や学校で関西人との会話を思い出してみてください。こんな特徴がありませんか?


●1.関西弁を標準語だと思っている

通常、東北出身者などは方言を恥と考え、隠しますが、関西人は関西弁は標準語だと思っているので、どこでも、いつでも、誰にでも関西弁で話してきます。


●2.なぜ関西弁が通じないのか理解できない

「おぼこい」が通じないとか、ものをしまうとき「なおす」と言うことなどが通じないことに方言だと言う認識が持てない。


●3.方言で『な』の連発

アレな、○○でな、それでな、××してな……。「な」がこれでもかと登場します。


●4.独特の語尾&イントネーション

でんがな、でしゃっろ、まんねん、そやろ、いわゆる東京の標準語を話そうともしない


●5.略語が独特

マクド、大学生は1年生ではなく1回生、しょっぱいが「辛い」


●6.話にはオチが必須

関西人特有の感性だと言えるが、会話にはオチが必須です。オチがなければ「何でやねん」と言えばよいです。


●7.すぐ叩く

ちょっとボケただけで、普通に頭を叩いてくる


●8.笑いにこだわる

どんな笑いもこだわる、厳しい。


●9.言われるほど、乗ってこない

手刀で斬っても乗ってこない、ピストルで撃ってもリアクションがない


●10.みんなが面白いわけではない

面白くない人も結構いる、話に乗ってこない、ボケ/つっこみが意外にない


●11.標準語で話そうという気がない

ずっと関西弁を通す、ビジネスでも関西弁を押し通す。


●12.よく、しゃべる

とにかく、言葉の量が多い。


●13.関西人なのに面白くないね、は最強の侮辱語

当然ながら、「おもしろいことを言わない関西人」や「寡黙な関西人」もいます。「関西出身なのに、おもしろくないね」などの一言は極力控えていただければ幸いです。そう言われると、関西出身者は非常に傷つきます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

903
2019年10月31日 00:07
ホンマでっか?