なぜ女性はピンクが好きか


2019年(令和元年)08月20日 火曜日


なぜ女性はピンクが好きか


ピンク色という言葉のイメージは「可愛らしい」「春」「ロマンティック」「愛情」など。

色彩心理学でピンクは愛情・献身・幸福・女性的を表すと言われ、マイナスのイメージとしては幼稚・非現実的・甘え・媚びなどが挙げられます。

ピンク色は身に着けるだけで精神が安定し、見た目にもHappy感を与えてくれる。

心を明るくしたり癒したり、時には愛情を伝える色として多くの人を優しい気持ちにしてくれるピンクは、ストレス社会、また心の時代といわれる現代の生活の中で欠かせない色。

恋愛をすると、ピンクが気になる色になる?
恋すると無性にピンクを選びたくなる。ピンクは恋の色。恋をするとピンクに惹かれる傾向がある。

女性が赤味がかった色(ピンク)を好むのは、食用としての熟した果実や、優れた子孫を残すために、顔色の良い男性を選ぶためといった生物学的な理由によるもの。

女性の脳は、色付いた果物などを緑色の葉が生い茂っているなかから見つけ出すという採集の歴史に影響を受けている。

ピンク色は「赤ちゃん」をイメージさせる色とも言われ、淡いピンクという色が母性本能をくすぐるだけでなく、赤ちゃんのハリのある、滑らかな肌に対する女性の憧れも潜んでいると言われています。

ピンク色は、リラックス効果だけでなく、女性ホルモンにも働きかけてくれます。
美肌や若返りと嬉しい効果がたくさんあるので、どんどん取り入れて行きましょう。

ピンクは女性ホルモンの分泌を良くする効果があるそうで、産婦人科でこの色が使われているのはこのため。

ピンク色には、卵巣に働きかけて内分泌を活発にし、エストロゲンの分泌を促す効果があると言われています。エストロゲンは、女性の美しさに欠かせない美肌ホルモン。エイジングケアにぴったりです

ホルモンや、内分泌系を活発にするパワーがあるので更年期障害だけじゃなくて、美肌や若返り効果がある。

ピンク色の口紅は、若さと潤いと色気を感じるよね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

903
2019年08月20日 23:47
ヤケくんも是非ピンクを身に纏っては?