日中の農業の違い


2019年(令和元年)09月08日 日曜日

日中の農業の違い

中国ニュースサイトでは、よく日本に学べと言うことがあるが、根本的に中国に日本を学ぶ気は全くない。例えば、農業について

●日本
量より質を重視
生産物の安全安心を重視
化学肥料を使わず、土壌改良に積極的
間引き、剪定を行う
品種改良する
良い物を作った人が尊敬される
機械化とは、気温、湿度、天気など生育途中の管理で行われる。


●中国
質より量が最優先
生産物の収穫量拡大が最優先
化学肥料を無限使用、土壌改良に無頓着
間引き、剪定を行わない=>1つでも多く収穫したいから
品種改良しない=>日本で人気品種があれば、種苗を盗むが、土壌、栽培環境は無視なので、日本と同等品質のものはではないが、日本産と偽装販売する
良い収入だけが人の評価基準で尊敬される
機械化とは、収穫時や田を耕すこと。


そもそも、取り組み姿勢が違いすぎる


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント